緩和ケア漫画「大切な人が死ぬとき」 2月13日発売

注目

死を前にした人に何ができるか、緩和ケアの看護師さんに聞いた話です。いろんな人の死に方、生き方。
大切な人(家族、恋人、友人等)が死ぬとき、自分が死ぬときの、なにか参考になれば嬉しいです。
解説を西智弘先生に描いていただいています。
2020年2月13日発売。

「大切な人が死ぬとき」竹書房

精神科が舞台の漫画『こころのナース夜野さん』(小学館)1巻、2020 1/10発売

注目

『こころのナース夜野さん』(小学館)1巻、きょう発売です!!
何卒よろしくお願いします。
月刊!スピリッツで連載中です。

2017年から取材を始めてようやく本に…。
ストーリー漫画の連載が初めてで、連載までも時間がかかり、編集者に教えてもらうことがたくさんありました。
視点を増やして、もっと漫画で伝える力をつけていきたいです。

取材させてくださった方々、本当にありがとうございます。毎回発見や感動がありました。
取材して発見したことを、漫画を通していろんな人に伝えたい。
続けられるように頑張ります。

1話目、試し読み
http://spi.tameshiyo.me/KOKOR01SPI


東畑開人さん(臨床心理士)、安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト)からコメントをいただきました。
ありがとうございます。

4/12発売 精神科看護師の本「精神科ナースになったわけ」

注目

4/12に精神科看護師の本「精神科ナースになったわけ」がイーストプレスさんから発売されました。

こちらで最初の方が読めます。
よろしければご覧くださいませ。

●プロローグ、1話「はじめての精神科」
http://matogrosso.jp/seishin-midori/01.html

●2話「取れない帽子」
http://matogrosso.jp/seishin-midori/02.html

●(現在は公開終了)3話「ボーダーライン(境界性人格障害)ユカリさんの場合」
http://matogrosso.jp/seishin-midori/03.html

●「精神科珍百景」
http://matogrosso.jp/seishin-midori/04.html

●「先生もいろいろ」
http://matogrosso.jp/seishin-midori/05.html

購入はこちらです⇩
http://amzn.asia/iNaKKSX

東京の御朱印めぐり開運さんぽ (ぴあ MOOK) にエッセイ漫画掲載

東京の御朱印めぐり開運さんぽ (ぴあ MOOK) にエッセイ漫画を書きました。
東京大神宮と、日枝神社に行ったレポート漫画です。
人がたくさんいて、人の信じる力で場所が出来るんだと実感しました。

気分転換できて楽しかったー
またこういう神社とか日本文化に絡んだ仕事がしたいです。

精神看護5月号にフィンランドの病院に行ったレポート漫画掲載

精神看護5月号に、オープンダイアローグ発祥の
フィンランドのケロプダス病院に行ったレポート漫画が載ってます。


医療者が正直でリラックスしていたこと、
病気かどうかで人を分けていなかったこと、
経験専門家の方が堂々としていたこと、
すぐに結果を出さず、もやもやした期間をあえて持ち続けること、
色んな発見があり、人と関わること、聞くということはこういうことかを実感して
自分自身も癒されました。
個人的には、フィンランドの湖畔のサウナにいるときのような
穏やかで、孤独で、でも寂しくない気持ちになります。

残りもまた別の機会で描いたり、精神科の漫画の中に反映されていくと思います。
このような機会をくださり、ご一緒させていただいた方々に感謝しています。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07R44Q91T/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_yvNXCbRQMF5SV

東京ウォーカー5月号に4コマ、イラスト掲載

東京エスケープスポットという、
東京で癒しのスポットを紹介する特集で
4コマとイラストを書いてます。


私のエスケープスポットも載せてもらっています。
静嘉堂文庫、日本民藝館、国際子ども図書館などなど